blog

アジアオープン2019

こんにちは!郁美です^ ^

前後してしまいますが、先々週日曜日日本武道館でアジアオープンダンス選手権という世界各国から競技ダンサーが集まる大きな試合がありました。私たちも出場して参りました!!!

前日リーダー共々朝から夜まで仕事を入れてしまい、完全に調整ミスの疲労困憊のまま朝5時半起きで会場へ( ;∀;)

その週に踊りこみの練習会やレッスンを詰め込みすぎたな、、と思いつつもアジアクローズ(日本人とアジア圏内の外国人のみの試合)がスタート!

私たちも朝一のアジアクローズの部門から出場しました。

他団体主催の試合ということもあってか、なんのプレッシャーもなく、自分たちの課題に集中して踊ることができました^ ^

勝ちたいと思いすぎると身体が硬くなってしまうので、ちょうど良かったです。

多少のトラブルはありつつも、試合になると意外にも痛いところも疲れも忘れて身体が動きました!

結果は3次予選。私たちの今までを考えればまずまずですが、気持ち的にはもう一つ実力を上げていきたいです。

午後はヨーロッパの選手も沢山参加するアジアープンの試合!

こちらはやはり厳しく2次予選敗退です。それでも楽しかったー。間近で見ると世界のトップダンサーはスピードも、可動域もスタイルも全然違う。

世界のファイナリストがすぐそばで1人でウォーミングアップをしていたのですが、その姿を見て、どうしてそこまで身体がメキメキ動くのかとびっくりするほどでした。ありえないほどに縛られつつ、しなやかに動いていました。。

それに比べると私のボディーはポンコツです😭

2人で踊るとか、リードアンドフォローとか、それ以前の個々の肉体が明らかに自分とは違いすぎて、、。自分自身で動ける体をもっと作らねばとまた改めて思った1日でした。

トップダンサーの女性の身体は、引き締まってしなやかな筋肉があり、美しいです。身体を見れば実力は一目瞭然で筋肉のつき方含め、メイクやタンニングの見た目も練習量やダンスへの熱量のほとんどを現しているなぁと、つくづく思います。

フロアに立つ上で見た目はすごく大事な要素だと強く思う1日でした。

さて、この日は新宿養護時代の教え子たちの友人であり、いつも講師をしてる施設でお世話になっているきーちゃんとママが応援に来てくれました!!

本当に嬉しい😭

きーちゃんは試合観戦すごく楽しんでくれたようでした。そして梅田先生を気に入ったようでした。笑

きーちゃん、見に来てくれてありがとう❤️

他にも教室に通う生徒である子供達が来てくれて、嬉しい限りでした。

ちびっこながら選手である子供達も頑張って勉強してくれて良かった💕

この日のもう一つの感動は日本チャンピォンである瀬古先生カップルの引退セレモニー。ラストダンス、本当に素敵でした。うるうるしながら、その踊りを見ました。時代の流れを感じます。やっぱり寂しいです。その切なさを胸に現役選手はまた頑張るのみです。

自分もプロであると、胸を張れる踊りができるようもっと技術を磨いていきたいです。

郁美

About ikumi

ikumi