blog

郁美の留学日記④

郁美です!

イギリスに来てからも刺激の強い毎日です。

ドイツからイギリスに入り、最初はクロイドンという街で3日間過ごしました。ドイツに比べ物価が高いのと、少し空気感が違うのを感じながら練習会とホテルの往復。

その後ボーンマスという街に来て試合会場のすぐそばに泊まっています。

ボーンマスは海辺で街も綺麗で、とても良い雰囲気!試合会場もホテルもとても綺麗で快適です^ ^❤️

 

一昨日はプロライジングのラテンに出場しました。当然のことのように一瞬で砕け散りましたが、世界の底辺のような自分たちの順位に私はちょっと落ち込み、、

先の計画の見直しが必要だなと、不安になっているところです。笑

意識を大幅に変える必要がありそうです。

昨日は楽しみにしていたアマラテン、プロボールルームの試合!!
朝から見ましたが、1次予選からハイレベルすぎるアマラテンにビックリ!!!

全員うますぎる、、、。

なぜですかね。まだ誰も落とされていないのに。

立ち方か。
スタイルか。
キャリアか。
リズムか、、、

素晴らしい選手ばかりです。

プロボールルームもあっという間に終わり、気づいたら次のアマラテンの二次予選が終わるまで見入っていました。

私たちがしているこのダンスは、本当に素晴らしいスポーツで、美しくて芸術的なんだということを改めて知った気がしました。私はまだまだこのダンスの良さすらも分かりきっていない気がします。

近くのコインランドリーで洗濯を済ませ、ちょっと買い物をしたら夜の部の時間まで私は今回の留学で習ったことを復習しました。

部屋で身体がよく見えるようにタンクトップになり2時間ほど1人黙々と練習と研究。。笑

その後はレヤード先生の教科書で、習ったベーシックの復習です。

ラルフ先生はこの教科書に基づきテクニックを教えてくれます。

教科書にはステップの順番や角度だけでなく
種目の特性やリードの種類、ダンスの歴史についても書いてあります。ちょくちょく読んではいるのですが、まだまだ理解が足りません。

教科書の通りの角度やテクニックで踊れると、身体が使い切れたり、コネクションが途切れなくなったりと、教科書って本当にすごいんです。

あっという間に時は過ぎて、夜の部の時間。

準決勝、決勝と素晴らしいダンスを目の前で見て他のものをもう見たくないから目をつぶったままでいたいくらいの気分!!!笑

プロボールルームでは、宮崎のパーティーで見かけてからファンになってしまったアレクサンダーとイリーナも決勝入り。素敵でした❤️

スタンダードも練習したくなりました。

時間が惜しいです。きっと毎日寝ずに練習しても世界には追いつきません。

そこをどう埋めるのかな。

 

この身体と、この脚と、この環境で。

考えさせられます。

今日はいよいよイギリスで過ごす最後の日。私たちはもう試合には出ないので、素晴らしい光景を目の奥に焼き付けたいと思います!

郁美

 

About ikumi

ikumi