blog

「この子には分からない」のか?

こんばんは!

 

土曜日は仕事がお休みだったので、練習後久々にここで、障害者施設での運動プログラムのための資料探しや、かつてのちょっとしたやり残しを片付けてきました。笑

 

image

かつての職場。

学校の職員室。笑

ほとんど、副校長としゃべって終わってしまいましたが。笑

それもまた、大切な時間です。

 

そこで、よく私がかつて熱くなって言っていた

「分かるか分からないかは教員がきめることではない」

 

ということに関する話になりました。

 

 

 

障害のある子達への指導でありがちな

 

「この子たちには難しい」

「この子たちには分からない」

 

という指導者の一方的なきめつけ。。

 

分からないときめつけて、内容を必要以上に簡易化し、なんとなくその場が楽しい雰囲気の、授業のような遊びのような時間を提供し

それを授業といって

毎年毎年同じような授業をダラダラ繰り返す。。

 

それも何年間も。。。

 

 

信じられないことですが、それがまだ残っているのが支援学校の現状、というのが私の印象でした。

 

それは違う、この子達は理解できるのだからもっと内容を工夫して、より多くのことを学ばせてあげるべきだ

という考えの先生と、そうでない先生が混在していたように思います。

 

分かるか分からないかっていうのは、経験がないから分からないだけなのだろうと思います。

もしくは教え方が良くないから、理解させられないのだろうと。

 

分からないことを、分かるように、あの手この手で経験をつませることが

教育なのだと単純に思います。

 

そこに障害も

校種も年齢も関係ないはずなのに。

 

悲しいことです。

 

教員も、チームプレーなので、やりたいことをやるのは巻き込む力がないと難しいと思います。

 

味方が一番の敵になるようなこともあると思います。

 

だからこそ、センスある若手教員たちが腐らず自分を貫いていられるよう、私は祈るのみだなぁと話していて感じました

 

私もたくさん悔しい思いをして、それでも最後は良きチームで理想的な授業を追求することができました。

 

わかる!できる!伝えられる方法は必ずある!!

 

障害によって話せないからといって、この子には難しいとか、分からないと決めつけるのは本当に失礼なことです。

 

私も今の立場でそれを思い続けて、指導にあたりたいな、と改めて思いました。

 

肢体不自由教育にはまだまだ課題が山積みですね。

 

踊りの合間にはこんなことばかり考えては、もどかしい気持ちになっています。

 

帰る時にはまっくらでした。笑

 

またきまーす!

 

image

郁美

 

About ikumi

ikumi